膝が痛む原因をいくつか紹介しています。まず病院で治療を受けることが第一ですが、併用してひざサポートコラーゲンを飲むことをおすすめします。

医薬品とサプリメントの違いについて

膝の痛みに何か良いものは無いかと探していると、膝関節などの痛みに良い薬やサプリメントがドラッグストアや通信販売でも売られているのを見かけます。

ここで疑問に感じるのが、医薬品とサプリメントとの違いは何かということです。

医薬品とサプリメントの違いについて調べてみました。

《違いは何か》

医薬品は、どこの会社が製造しても一定の品質になっているもので、ヒト臨床試験を行った後に医薬品としての効果、効能を表示することができるものです。

一方サプリメントは、医薬品のような厳しい実験をクリアするような条件はありません。

ひざサポートコラーゲンにも含まれているコンドロイチン硫酸など、医薬品にもサプリメントにも使えるものがありますが、医薬品になるかサプリメントになるかは厳しい試験をパスしているかどうかになります。

また、医薬品は効果、効能を表示して販売できますが、サプリメントは効果、効能を表示できません。

《病気が治るか治らないか》

医薬品は基本的に病気を治すためのものですから、医師など法で許可された人だけが使用を指定することができます。

一般用医薬品なら薬局で私たちも購入できますが、薬剤師が常在し、相談に応じることになっています。

一方サプリメントは「食品」に属しますので私たちが自由に選んで買うことができます。

サプリメントでは病気は治りません。

サプリメントについて詳しくは…http://mocosuku.com/2017052940804/

《違いを理解してうまく使い分け》

医薬品は病気を治すためのもので、サプリメントは健康を維持するために必要なものを補うものと考えると良いでしょう。

医薬品は効き目が強くて短期間に限定して使うもの、サプリメントは効果が穏やかなので長期間に渡って利用することができます。

ひざサポートコラーゲンも長期間利用して良いものです。

医薬品とサプリメントの違いを理解してうまく使い分けましょう。